継続的な建設検証

建設現場における継続的な品質管理を確実に行うために、ワークフローは迅速かつ正確に現状を記録し、現状とCADプランを比較し、偏差を報告するものでなければなりません。FAROでは、レーザースキャナーとソフトウェアが完璧に連携して機能する、効率的なソリューションを実現しています。FARO Traceable QAのワークフローは、CADプランとモデルの現実データの評価と建設現場での実行の両方において、正しく遂行された作業を法的に準拠した図書化することにも使用されます。

BIM設計仕様に対する検証の促進と加速

  • 3DスキャンとBuildIT Constructionを組み合わせることにより、建設プロジェクトにおける手戻りの防止や廃棄物の削減が可能
  • 床の平坦度と水平度、梁の反り、壁の膨らみに関する現地基準に対する公差を迅速に評価
  • 部品の位置決めをリアルタイムで正確に検証
  • 間の経過に伴う建物と部品の動きをモニタリングして、構造破損を防止
  • レーザープロジェクターのインターフェイスを介した現場での正確な位置決め