高速データ収集、オンサイトレジストレーション、測量統制

情報に基づく建設BIMライフサイクルのすべての段階において、既存の構造状態の正確で信頼できる3Dデータは不可欠です。これらのデータは、計画、生産、設計、評価、活用の基礎を形成します。FAROでは、スキャナーとソフトウェアがシームレスに連携して機能する、現場での効率的なデータ収集ワークフローを実現しています。これにより、必要なすべての詳細レベルにおいて、共通の基準座標系でさまざまなセンサーを用いて現況を迅速にデータ取得できるようになります。

地上でのデータ収集

モバイルマッピング

FARO Focus Laser Scannerを使用すると、現場の状況、建物や施設を迅速かつ簡単に、そして高精度なデータ収集が可能

  • 非常にポータブルなフォーマットと耐久性
  • 厳しい環境、狭い建設現場、埃や湿気の多い場所、雨や直射日光の当たる場所でも使用可能
  • すべての作業に対して精度を保証する現場補正機能を搭載

FARO SCENEは、スキャンデータの処理において最も直感的に操作できる有能なソフトウェアです。

  • プロジェクトとそのステータスの一貫した概要
  • スキャンデータのフィルタリングと編集、既存座標系への組み込み、リアルなデータの視覚化
  • モデル化されたCAD設計と、VRによって生成されたバーチャルの既設構造物との比較

ATS Traceable 3Dターゲットシステムを使用して、1つのプロジェクト基準座標系内ですべてのデータを確実に連携

  • 取得した全データの正しい相互運用性
  • スキャンプロジェクトの測量統制を迅速かつ正確にセットアップするための、革新的なプロ仕様の測量機器
  • 従来の測量方法や機器(トータルステーションなど)と結合しやすく、可能な限り最良の登録結果を取得可能

ターゲットベースの登録における品質の検証と改善

  • ユーザーフレンドリーなグラフィカルインターフェイスにより、おこりゆる品質に関する課題を削減し、高速で高精度の結果を取得
  • 登録結果を図書化するよう設定できる報告書と品質閾値により、信頼できる実際のデータが取得可能