スキャンからBIM設計ソフトウェアへ、そして、現状での計画・設計

効率的な建設プロジェクトは、BIM設計システム内で計画、作成、設計、管理されることが多いです。このようなシステムはプロジェクトで必要な情報をすべて保管し、デジタル建築モデルとしてデータを活用するプロジェクトステークホルダーと、常時最新のデータソースを共有します。FARO As-Builtソフトウェアは、スキャンデータをBIM設計システムへ追跡可能な変換を実行して、現状に基づいた建設プロジェクトの計画および設計を行います。

これにより、設計システムの制約や関係者全員の要件に合うように、2Dモデル、3Dモデル、およびBIMモデルを高速かつ効果的に作成できます。現況モデリングのワークフローは、Autodeskの主要な建築設計システムに完全に統合しているため、短い時間で習得でき、日常業務で有効利用できます。

As-Built for AutoCAD Software
  • データ取得用のさまざまな計測機器(レーザースキャナー、ドローン、トータルステーション、モバイルマッピングシステム)のためのデータ処理により、スキャンサービス会社からの成果物を十分に使いこなすことが可能。
  • 自動ではあるが、ユーザーが制御可能なワークフローにより、工程全体の効率性とトレーサビリティを確保します。
  • 使いやすい多様な機能の中から、建物のざまな機能パーツ(たとえば、配管/MEP設計、見取り図、立体図プラン、鉄骨構造など)からデータを処理する正しいツールセットを提供します。もしくは、部屋に置く書籍のような追加情報や、ファシリティマネジメントがすぐに行えるデータベース情報を現況モデルに補足することができます。
  • モデル化されたCAD設計と計測データとの比較により、モデル品質が所定の公差内かどうかを証明します。
As-Built for Autodesk Revit
  • 迅速で直感的、自動化されているがユーザーが制御できるワークフローにより、BIM設計ソフトウェアの制約に対応しているAutodesk® Revit®内の計測データから直接情報を抽出。
  • 米国国家基準(USIBDなど)や国際基準、または関係者の要件に基づいた公差確認によるモデル計測精度の追跡。
  • Autodesk® Revit® Family Editor内のオブジェクトをレーザースキャンしたデータに基づいて作成し、一般的なLODガイドラインに適合しているコンポーネントカタログを可能な限り詳細かつ正確に作成。