FARO®は、既存の現況データを効率よく正確にデータ取得するためのシームレスなソリューションと作業工程を実現します。Autodesk® AutoCAD®やRevit®などの設計ソフトウェアを使い、データを直接処理して、出力可能なCADプランやBIMモデルを作成することができます。

Traceable Constructionとは?

今日、建設プロジェクトの透明性とトレーサビリティは、プロジェクトに参画するすべての人たちにとって、時間とコスト面において非常に有益であるだけでなく、効率的な建設プロジェクトにとって、クリーンで信頼性の高い協業を強化するために、非常に重要な成功要因です。しかし、適切な計測機器やソフトウェアが不足していたり、情報共有がしにくいのが現実です。

そして、これがFAROのTraceable Constructionコンセプトが必要とされる理由です。

オンサイトスキャンFAROレーザースキャナーを使うと、現場環境を素早く、正確かつ簡単にデータ取得できます。BIM工程において、何を使って始めるか、何がつくられているか、を既存の構造物について把握しておくことは不可欠です。
現況モデルと設計FAROソフトウェアソリューションにより、さまざまなタイプのスキャナーからの3D計測データを効率よく検証できます。さらに下流工程で使用する際に、3Dモデルへの変換にも役立ちます。このソリューションは、シンプルかつ直感的に操作可能なワークフローで、業界をリードするデザインソフトウェア機能上で直接操作できます。
レイアウト設計FAROレーザースキャナーとソフトウェアソリューションを一緒に使用すると、作成したモデルオブジェクトや描画オブジェクトを現場で表示できます。それにより、部品やアセンブリの位置決め、プレハブ工法のサポート、実物へCADデータの線を引くことができます。
品質管理FAROワークフローはCADデータと3D計測データとを比較し、偏差を特定します。偏差を簡単に理解できるよう画像として視覚化するか、または、計算可能な値として出力します。建設中の偏差を現場で是正するか、今後のプランニングの際に考慮できます。
データの接続と共有FAROソリューションは、測量時に使用したさまざまな計測方法のデータを統合できます。また、標準ファイル形式で作業でき、データ交換を容易にします。FARO Cloudソリューションにより、安全に世界中で3Dデータや3Dモデルの交換や、リアルタイムでコラボレーション作業が可能となっています。

説明を読むには、上のタイトルにカーソルを合わせます

クリックして拡大

FAROでは、設計、建設、運用各工程でのさまざまな測量作業に対するデータ収集、前処理、評価において、ポータブルで効率的、安全で将来性のあるソリューションを提供しています。これにより、作業工程をスピードアップし、プロジェクト費用を削減し、無駄を最小限に抑え、収益性を高めることができます。

FAROソリューションが建設ライフサイクルの各工程をどのようにサポートしているのかは、下記にある詳細説明でご覧ください。