既設構造物の現状を3Dデジタルドキュメント化

FAROは、既設構造物の現状データを効率よく正確に取得するためのシームレスなソリューションとワークフローを可能にし、Autodesk® AutoCAD®やRevit®などの設計ソフトウェアを使い、直接データを処理してCADプランやBIMモデルを出力することが可能です。

Architecture BIM: Capture as-builts

総合的な現状データの取得

既設構造物の3Dデータは2Dおよび3DのCADプログラムの建築用図面として使用されます。FAROレーザースキャナーは迅速、正確かつ完全に詳細までデジタル化します。複雑な形状、不十分なデジタルドキュメントやアクセスが制限されるエリアに対して、3Dレーザースキャンは建築物、構造物や産業施設の完全なデータを取得するのに最適な方法です。

Architecture BIM: As-built data in AutoCAD/Revit

AutoCAD® / Revit®の既設構造物データ

必要に応じて既設構造物を評価します。さらなるプランニングと設計のために、2Dプランと3DのBIMモデルを直接AutoCAD®と Autodesk® Revit®に生成します。

From Scan to BIM Models

スキャンからBIMモデルへ

FAROハードウェアとソフトウェアを活用することで、設計者は費用対効果の高い方法で、現状をBIMモデルに出力できます。建築家や建設エンジニアは、直感的なワークフローにより、地面、壁、配管、屋根や階段などのBIM要素を点群データから直接Autodesk® Revit®に正確に抽出できます。

+ 既設構造物の3Dデジタルドキュメント化
Architecture BIM: Capture as-builts

総合的な現状データの取得

既設構造物の3Dデータは2Dおよび3DのCADプログラムの建築用図面として使用されます。FAROレーザースキャナーは迅速、正確かつ完全に詳細までデジタル化します。複雑な形状、不十分なデジタルドキュメントやアクセスが制限されるエリアに対して、3Dレーザースキャンは建築物、構造物や産業施設の完全なデータを取得するのに最適な方法です。

+ よく知られている設計ツール
Architecture BIM: As-built data in AutoCAD/Revit

AutoCAD® / Revit®の既設構造物データ

必要に応じて既設構造物を評価します。さらなるプランニングと設計のために、2Dプランと3DのBIMモデルを直接AutoCAD®と Autodesk® Revit®に生成します。

+ スキャンからBIMへ
From Scan to BIM Models

スキャンからBIMモデルへ

FAROハードウェアとソフトウェアを活用することで、設計者は費用対効果の高い方法で、現状をBIMモデルに出力できます。建築家や建設エンジニアは、直感的なワークフローにより、地面、壁、配管、屋根や階段などのBIM要素を点群データから直接Autodesk® Revit®に正確に抽出できます。

ワンストップ・トータルソリューション

FocusS

10mでの範囲誤差*±1mm
測定範囲:0.6m~70m~150mもしくは350m
SCENEでのリアルタイムオンサイトレジストレーション機能に対応

FocusS は、FARO®Focus3D製品の機能に加え、IP54規格、スキャン精度の向上、内蔵アクセサリベイ、オンサイト補正機能などの目覚ましい革新的技術を搭載。

  • スキャンデータをワイヤレスでFARO SCENEへ転送し、リアルタイムでオンサイトレジストレーションを実施
  • 遠くにあるターゲットを再スキャンし、正確なターゲット検証を実施、またはより詳細な情報が必要な狭いエリアを再データ取得
  • 写真再撮影機能により、ユーザーは人や移動中の車など不要な物体の映った画像を1枚1枚選択し、再撮影できます
  • オンサイト補正機能により、高品質のスキャンデータを保証
  • -4°F (-20°C) ~131°F (55°C)の温度範囲で動作可能

download_pdf

*範囲誤差は約10mまたは25m、1σでの系統的測定誤差

FARO Focus S Laser Scanner

Focus Swift

Focus Swiftは、最小限の時間と労力で広範囲をそのままキャプチャし業務を完了できる、初の完全統合型室内モバイルマッピングソリューションです。より優れたデータをより迅速に提供し、必要な場面でいつでも高品質のスキャンデータを提供する革新的な製品であり、工場、オフィスビル、病院や小売店に最適です。

名前の通り、Swiftは迅速です。精度にもよりますが、この革新的なスキャナーは、従来の固定型スキャナーよりも最大10倍も速く、広く複雑な領域のモバイルスキャンが可能です。3D点群機能から、様々なCADシステムが直接インポートできるので、自動処理でモデリングを簡素化でき、スキャンからBIMワークフローを最適化できます。Swiftは、広範囲の厳しい産業用動作条件(5℃~40℃)下でも使用可能なように設計されています。14.4ボルトの内蔵バッテリーで2時間連続運転できます。追加のバッテリーパックを使用すれば、さらに作業時間を延長できます。

大手建設企業、ゼネコン、施設やプラントの管理者や使用される方であればどなたでも、明確さと正確さが必要な場合は、Swiftはどんな場面でも抜群の精度をはっきします。また、建設の品質管理を確保しながら、最も正確な現況モデルと建築向けの飼料に注力すべきスキャニングサービスプロバイダーにも適しています。

download_pdf

ScanPlan™

2D見取り図を迅速かつ簡単に、データ取得や視覚化するための軽量の2Dハンディマッパー

スキャンアシスト機能などの革新的な機能により、より効率の良いレーザースキャンプロジェクト計画を実行でき、時間短縮とコスト削減が実現できます。SCENE WebShare Cloudにより映像情報(例、パノラマ画像)をすぐに共有できます。

  • 面積の計算のためにビル全体を歩き、2D見取り図を記録
  • 複数階の見取り図をデータ取得し、それらを1つのプロジェクトにまとめる
  • 見取り図に直接写真や注釈を追加し、建物内のディテール全てをドキュメント化
  • スキャンアシスト機能:記録した2Dマップに基づき、最適なレーザースキャナー設置位置を計算
  • スキャンローカライザー:各スキャン箇所の事前設置をサポートするので、FARO SCENEソフトウェアでの確実な登録を簡素化し、加速*
  • 2Dマップに360°パノラマ画像を追加し、データ取得した空間を離れた場所で体験
  • プロジェクト関係者は、SCENE 2goおよびSCENE WebShare Cloudサービス、あるいはpresent4D VR-Suiteを通じて取得した情報へのアクセスが可能になります
  • 地理情報システムに活用するために、プロジェクトや画像、または、ドキュメントをDXF、PDFまたはESRIシェープファイルに簡単にエクスポートできます。また、2Dマップを点群データとしてCPE、PLYやXYZへエクスポートもできます

*FARO® FocusS and FocusMスキャナーはバージョン6.4およびそれ以降のファームウェアに対応しています

download_pdf

+ FocusS

FocusS

10mでの範囲誤差*±1mm
測定範囲:0.6m~70m~150mもしくは350m
SCENEでのリアルタイムオンサイトレジストレーション機能に対応

FocusS は、FARO®Focus3D製品の機能に加え、IP54規格、スキャン精度の向上、内蔵アクセサリベイ、オンサイト補正機能などの目覚ましい革新的技術を搭載。

  • スキャンデータをワイヤレスでFARO SCENEへ転送し、リアルタイムでオンサイトレジストレーションを実施
  • 遠くにあるターゲットを再スキャンし、正確なターゲット検証を実施、またはより詳細な情報が必要な狭いエリアを再データ取得
  • 写真再撮影機能により、ユーザーは人や移動中の車など不要な物体の映った画像を1枚1枚選択し、再撮影できます
  • オンサイト補正機能により、高品質のスキャンデータを保証
  • -4°F (-20°C) ~131°F (55°C)の温度範囲で動作可能

download_pdf

*範囲誤差は約10mまたは25m、1σでの系統的測定誤差

FARO Focus S Laser Scanner
+ Focus Swift

Focus Swift

Focus Swiftは、最小限の時間と労力で広範囲をそのままキャプチャし業務を完了できる、初の完全統合型室内モバイルマッピングソリューションです。より優れたデータをより迅速に提供し、必要な場面でいつでも高品質のスキャンデータを提供する革新的な製品であり、工場、オフィスビル、病院や小売店に最適です。

名前の通り、Swiftは迅速です。精度にもよりますが、この革新的なスキャナーは、従来の固定型スキャナーよりも最大10倍も速く、広く複雑な領域のモバイルスキャンが可能です。3D点群機能から、様々なCADシステムが直接インポートできるので、自動処理でモデリングを簡素化でき、スキャンからBIMワークフローを最適化できます。Swiftは、広範囲の厳しい産業用動作条件(5℃~40℃)下でも使用可能なように設計されています。14.4ボルトの内蔵バッテリーで2時間連続運転できます。追加のバッテリーパックを使用すれば、さらに作業時間を延長できます。

大手建設企業、ゼネコン、施設やプラントの管理者や使用される方であればどなたでも、明確さと正確さが必要な場合は、Swiftはどんな場面でも抜群の精度をはっきします。また、建設の品質管理を確保しながら、最も正確な現況モデルと建築向けの飼料に注力すべきスキャニングサービスプロバイダーにも適しています。

download_pdf
+ ScanPlan

ScanPlan™

2D見取り図を迅速かつ簡単に、データ取得や視覚化するための軽量の2Dハンディマッパー

スキャンアシスト機能などの革新的な機能により、より効率の良いレーザースキャンプロジェクト計画を実行でき、時間短縮とコスト削減が実現できます。SCENE WebShare Cloudにより映像情報(例、パノラマ画像)をすぐに共有できます。

  • 面積の計算のためにビル全体を歩き、2D見取り図を記録
  • 複数階の見取り図をデータ取得し、それらを1つのプロジェクトにまとめる
  • 見取り図に直接写真や注釈を追加し、建物内のディテール全てをドキュメント化
  • スキャンアシスト機能:記録した2Dマップに基づき、最適なレーザースキャナー設置位置を計算
  • スキャンローカライザー:各スキャン箇所の事前設置をサポートするので、FARO SCENEソフトウェアでの確実な登録を簡素化し、加速*
  • 2Dマップに360°パノラマ画像を追加し、データ取得した空間を離れた場所で体験
  • プロジェクト関係者は、SCENE 2goおよびSCENE WebShare Cloudサービス、あるいはpresent4D VR-Suiteを通じて取得した情報へのアクセスが可能になります
  • 地理情報システムに活用するために、プロジェクトや画像、または、ドキュメントをDXF、PDFまたはESRIシェープファイルに簡単にエクスポートできます。また、2Dマップを点群データとしてCPE、PLYやXYZへエクスポートもできます

*FARO® FocusS and FocusMスキャナーはバージョン6.4およびそれ以降のファームウェアに対応しています

download_pdf

FARO SCENE & SCENE WebShare Cloud

FARO SCENE

リアルタイムオンサイトレジストレーション機能により、スキャンを調整 / 計測、3D視覚化、スキャンデータのエクスポート / 数多くのプラグインアプリを活用

FARO SCENEは、FocusレーザースキャナーとFreestyleハンディスキャナー用に特化して設計されたソフトウェアです。SCENEは、リアルタイム現場登録機能、自動オブジェクト認識、移動物体フィルター、スキャン登録・ポジショニングを使用して、スキャンデータを効率よく簡単に処理、管理します。

  • FocusSスキャンデータのリアルタイムオンサイトレジストレーション機能により、現状のデータ取得を促進
  • 移動物体フィルターは、スキャン工程中に現場でスキャンした不要な人、車両や機械を、自動で検知、削除できます
  • レーザー・ハイ・ダイナミック・レンジ(Laser-HDR™)対応 ― 優れたHDR品質画像を大幅に短い時間で作成
  • 強力な3Dメッシュエンジンにより、自由形状の自動モデリングを実現し、.objとしてテクスチャードメッシュをエクスポートし、リアリティキャプチャデータとしてその他のアプリケーションにインポートできます
  • 直感的なユーザーインターフェイスは複雑な作業に対して、分かりやすいガイダンスを提供します
  • 強力なバーチャルリアリティービューにより、その場にいるような詳細な3Dスキャンデータを管理可能
download_pdf
SCENE WebShare Cloud - Cloud-based scan data service

FARO SCENE WebShare Cloud

3Dリアリティデータの共有、プロジェクト管理とスキャン to BIMワークフローのためのデジタルツィンプラットフォーム

実際の3Dデータへリアルタイムでアクセスできるクラウドベースプラットフォームにより、ウェブブラウザを使用してどこからでもいつでもパートナーと共有できる3Dリアリティデータへ、リアルタイムでアクセス可能です。最高レベルのFAROデータセキュリティ基準により、機密作業内容もクラウドにホストできます。

  • データサイズの制約なしで、どんなスキャナーソースからでも簡単に実際の3Dデータをアップロードできます。
  • さまざまな表示モードにより、しっかりプロジェクトを視覚化でき、配向も簡単です。
  • 計測値を取得し、注釈を追加し、カテゴリや参照タグを使ってデータを整理できます。
  • 2D出力データを作成するためにダウンロードする原寸大のオルソ画像を作成します。
  • スキャンto BIMワークフロー用に一般的な工業規格形式を使い、3D点群データをエクスポートします。
  • Autodesk® BIM 360™やその他の数多くのAEC管理データベースに直接統合します。
  • 定義された権限をもつカスタマイズ可能なユーザープロファイリングを使い、さまざまなプロジェクトを管理します。
download_pdf

FARO® As-Built™ Modeler

最速かつ最短に現状データをあらゆる設計システムデータへ

As-Built Modelerソフトウェアにより、CADシステムが点群データに対応していなくても、AECプロフェッショナルが3DデータからCADやBIM形状のような、建築情報をお使いのCADシステム上に直接抽出する最も迅速な方法を実現できます。

  • ソースやサイズに関わらず、3D点群データを表示、管理、評価できます。
  • 3D点群データと自己定義マクロをCADシステムに直接転送します。
  • 密封サーフェスモデルに対し、3Dデータを評価し、標準CADファイル形式としてエクスポートします。
  • インポート・モデリングしたビデオレンダリングとフライスルービデオを作成します。

download_pdf

FARO As-Built for Autodesk Revit

FARO As-Built™ for Autodesk® Revit®

BIMのためのデータ取得効率を向上 / 迅速で、直感的に操作可能な自動ワークフロー / 多種類の評価機能

FARO As-Built for Autodesk® Revit®ソフトウェアは、建築家、エンジニア、ゼネコンのために、特別に設計されたソフトウェアです。3Dレーザースキャンデータを素早く正確に、直接Autodesk® Revit®内で処理し、3DインテリジェントBIMモデルを作成することができます。

  • 点群データ内で簡単にトリミングや配向を可能にする便利な機能
  • 多種類の3D構築補助機能を使い、点群データ内で直接3Dモデルを作成
  • 壁、配管、梁や柱のような構造要素を迅速かつ正確に作成
  • 表面分析ツールを使用し、実物とモデルを比較
  • Revit® Family Editorで直接スキャンデータを処理

download_pdf

FARO As-Built for AutoCAD Software

FARO As-Built™ for AutoCAD® Software

最高精度のデータ評価 / CADソリューションへの汎用性の高いリアリティ環境を提供 / ユーザーコントロール下での自動ワークフロー

As-Built for AutoCAD®は、AEC担当者がAutoCAD®で直接3Dレーザースキャンデータを評価するために必要な、全ての機能を搭載しています。また、ソフトウェアは、ドローン、カメラやトータルステーションなどのさまざまな測定機器からのデータを処理できます。

  • 大規模な3Dスキャンプロジェクトも容易に管理することで、プロジェクトの概略を把握し管理可能
  • 迅速かつ簡単に2次元図面を抽出し、3Dモデルを完成
  • 直感的に操作できる自動化ワークフローにより、配管システムや鉄骨構造を造形
  • 正確な検証を実現するため、CADモデルと点群データの偏差を分析・視覚化
  • AutoCAD®で写真測量法を使用:レーザースキャナー、ドローンやカメラで取得したデータを評価
  • CAD対象物や構造化された建築計画と空間データを統合
  • 現場でトータルステーションをAutoCAD®に接続し、見取り図、断面図や立体図を描画
download_pdf
+ SCENE
FARO SCENE & SCENE WebShare Cloud

FARO SCENE

リアルタイムオンサイトレジストレーション機能により、スキャンを調整 / 計測、3D視覚化、スキャンデータのエクスポート / 数多くのプラグインアプリを活用

FARO SCENEは、FocusレーザースキャナーとFreestyleハンディスキャナー用に特化して設計されたソフトウェアです。SCENEは、リアルタイム現場登録機能、自動オブジェクト認識、移動物体フィルター、スキャン登録・ポジショニングを使用して、スキャンデータを効率よく簡単に処理、管理します。

  • FocusSスキャンデータのリアルタイムオンサイトレジストレーション機能により、現状のデータ取得を促進
  • 移動物体フィルターは、スキャン工程中に現場でスキャンした不要な人、車両や機械を、自動で検知、削除できます
  • レーザー・ハイ・ダイナミック・レンジ(Laser-HDR™)対応 ― 優れたHDR品質画像を大幅に短い時間で作成
  • 強力な3Dメッシュエンジンにより、自由形状の自動モデリングを実現し、.objとしてテクスチャードメッシュをエクスポートし、リアリティキャプチャデータとしてその他のアプリケーションにインポートできます
  • 直感的なユーザーインターフェイスは複雑な作業に対して、分かりやすいガイダンスを提供します
  • 強力なバーチャルリアリティービューにより、その場にいるような詳細な3Dスキャンデータを管理可能
download_pdf
+ SCENE WebShare Cloud
SCENE WebShare Cloud - Cloud-based scan data service

FARO SCENE WebShare Cloud

3Dリアリティデータの共有、プロジェクト管理とスキャン to BIMワークフローのためのデジタルツィンプラットフォーム

実際の3Dデータへリアルタイムでアクセスできるクラウドベースプラットフォームにより、ウェブブラウザを使用してどこからでもいつでもパートナーと共有できる3Dリアリティデータへ、リアルタイムでアクセス可能です。最高レベルのFAROデータセキュリティ基準により、機密作業内容もクラウドにホストできます。

  • データサイズの制約なしで、どんなスキャナーソースからでも簡単に実際の3Dデータをアップロードできます。
  • さまざまな表示モードにより、しっかりプロジェクトを視覚化でき、配向も簡単です。
  • 計測値を取得し、注釈を追加し、カテゴリや参照タグを使ってデータを整理できます。
  • 2D出力データを作成するためにダウンロードする原寸大のオルソ画像を作成します。
  • スキャンto BIMワークフロー用に一般的な工業規格形式を使い、3D点群データをエクスポートします。
  • Autodesk® BIM 360™やその他の数多くのAEC管理データベースに直接統合します。
  • 定義された権限をもつカスタマイズ可能なユーザープロファイリングを使い、さまざまなプロジェクトを管理します。
download_pdf
+ As-Built Modeler

FARO® As-Built™ Modeler

最速かつ最短に現状データをあらゆる設計システムデータへ

As-Built Modelerソフトウェアにより、CADシステムが点群データに対応していなくても、AECプロフェッショナルが3DデータからCADやBIM形状のような、建築情報をお使いのCADシステム上に直接抽出する最も迅速な方法を実現できます。

  • ソースやサイズに関わらず、3D点群データを表示、管理、評価できます。
  • 3D点群データと自己定義マクロをCADシステムに直接転送します。
  • 密封サーフェスモデルに対し、3Dデータを評価し、標準CADファイル形式としてエクスポートします。
  • インポート・モデリングしたビデオレンダリングとフライスルービデオを作成します。

download_pdf

+ As-Built for Autodesk Revit
FARO As-Built for Autodesk Revit

FARO As-Built™ for Autodesk® Revit®

BIMのためのデータ取得効率を向上 / 迅速で、直感的に操作可能な自動ワークフロー / 多種類の評価機能

FARO As-Built for Autodesk® Revit®ソフトウェアは、建築家、エンジニア、ゼネコンのために、特別に設計されたソフトウェアです。3Dレーザースキャンデータを素早く正確に、直接Autodesk® Revit®内で処理し、3DインテリジェントBIMモデルを作成することができます。

  • 点群データ内で簡単にトリミングや配向を可能にする便利な機能
  • 多種類の3D構築補助機能を使い、点群データ内で直接3Dモデルを作成
  • 壁、配管、梁や柱のような構造要素を迅速かつ正確に作成
  • 表面分析ツールを使用し、実物とモデルを比較
  • Revit® Family Editorで直接スキャンデータを処理

download_pdf

+ As-Built for AutoCAD Software
FARO As-Built for AutoCAD Software

FARO As-Built™ for AutoCAD® Software

最高精度のデータ評価 / CADソリューションへの汎用性の高いリアリティ環境を提供 / ユーザーコントロール下での自動ワークフロー

As-Built for AutoCAD®は、AEC担当者がAutoCAD®で直接3Dレーザースキャンデータを評価するために必要な、全ての機能を搭載しています。また、ソフトウェアは、ドローン、カメラやトータルステーションなどのさまざまな測定機器からのデータを処理できます。

  • 大規模な3Dスキャンプロジェクトも容易に管理することで、プロジェクトの概略を把握し管理可能
  • 迅速かつ簡単に2次元図面を抽出し、3Dモデルを完成
  • 直感的に操作できる自動化ワークフローにより、配管システムや鉄骨構造を造形
  • 正確な検証を実現するため、CADモデルと点群データの偏差を分析・視覚化
  • AutoCAD®で写真測量法を使用:レーザースキャナー、ドローンやカメラで取得したデータを評価
  • CAD対象物や構造化された建築計画と空間データを統合
  • 現場でトータルステーションをAutoCAD®に接続し、見取り図、断面図や立体図を描画
download_pdf